朝のストレッチは効果的?

 

こんにちは!

 

整体CURAの松尾です。

 

 

 

みなさんはストレッチをしていますか?

 

体を柔らかくするためにしている方も

多いと思います。

 

 

筋肉が柔らかくなるのはいいことですので、

ストレッチや運動を継続するのは

体にとって大事なのでつづけてみてください!

 

※やり方によっては硬くなる場合もあるので

無理やり痛いくらい伸ばしたりなど

ストレッチの仕方には気を付けてくださいね。

 

 

 

ではストレッチをするタイミングは

いつがベストなのでしょう?

 

 

よく聞くのは朝起きてからすぐに

ストレッチをする方が多いみたいですね。

 

 

 

では朝のストレッチは

効果としてはどうなんでしょうか?

 

 

ストレッチとは?

 

まずはストレッチの効果を高める

ポイントについてご紹介していきます。

 

 

ストレッチにおいての目的としては

筋肉の柔軟性を上げるということです。

 

筋肉の柔軟性を高めるうえで重要なのは

血液が流れやすい体の状態

ということです。

 

簡単に言えば水分が十分に足りているかどうか

ということです。

 

水分が足りていない状態だと

筋肉はうまく緩んでくれません。

 

 

また、ストレッチには

静的ストレッチ(柔軟など)

動的ストレッチ(ラジオ体操など)

の二種類があります。

 

 

静的ストレッチに関しては

あまり効果がないのでは?

ということも言われています。

 

 

 

これに関してはまだはっきりとは

解明されていませんが、

静的ストレッチに関しては

するタイミングによっては

逆効果になる可能性があります。

 

その点についても後ほど説明していきます。

 

 

朝のストレッチは効果的?

 

 

では朝のストレッチは効果的なのでしょうか?

 

 

まず、朝起きてすぐは、

水分が不足した状態なので

ストレッチには向きません。

 

まずは水分をコップ一杯は飲むようにして

水分を補給してあげてください。

 

 

また体が眠っている状態なので、

30分~1時間はオススメしません。

 

 

水を飲み、しばらく時間がたったら

ストレッチをしてOKです。

 

 

 

では朝の時間帯でのストレッチは

体にとって効果的でしょうか?

 

 

 

 

ラジオ体操などの動的ストレッチは効果的です。

 

ですが、静的ストレッチは

あまりオススメしません。

 

 

動的ストレッチによって

体を動かすことで体の血流をあげ

筋肉に血液を巡らせるのは

いいことです。

 

 

ですので、朝のストレッチは効果的ですが

動的ストレッチに限るということです。

 

 

 

では、静的ストレッチと動的ストレッチは

それぞれどのタイミングがいいのでしょう?

 

 

・動的ストレッチ

 

朝(水を飲んで30~60分経った後)

運動前

 

・静的ストレッチ

 

運動後

風呂上がり

 

 

上記がそれぞれのオススメのタイミングです。

 

 

では今回のまとめです。

まとめ

今回はストレッチについて

ご紹介してきました。

 

 

朝起きてすぐは水分不足なので、

水分を取ってからのストレッチが効果的。

 

朝起きて30~60分は時間を置く。

 

朝効果的なのは動的ストレッチ。

 

朝と運動前は動的ストレッチ、

運動後と風呂後は静的ストレッチ。

 

 

というのが今回の内容です。

 

 

ぜひ参考にしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸の整体 腰痛・坐骨神経痛・頭痛改善で人気のCURA

「ここに来て良かった」と喜びの声を多数頂いています。辛い症状でお悩みの方お気軽にお問い合わせください。

029-231-2820

029-231-2820
お問い合わせはコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
10:00~22:00(当日予約歓迎)
定休日
日曜日・水曜日・祝日

〒310-0021水戸市南町3-3-43小林ビル4F-B