○○は腰痛の予防に効果的です。

こんばんは。

 

 

水戸で腰痛の改善で人気の整体CURAです。

 

 

みなさんは腰痛にならないために、何か予防していますか?

 

 

何も予防をしていない人に比べて、何かしらの予防を行っている人の方が、腰痛になる確率は低いと思います。

 

 

腰痛になったら、整体院などの治療院に通えば、腰痛は改善すると思います。しかし、整体院などの治療院に通うだけでは、また腰痛になる可能性は高くなると思います。

腰痛を改善するには整体院などの治療院に通うだけではダメ

 

 

腰痛にならないためには、日常生活の改善が必要だと整体CURAでは考えています。

 

 

日常生活がからだに及ぼす影響とは?

腰痛の予防には日常生活の改善が必要。日常生活が及ぼす影響とは?

 

日常生活がからだに及ぼす影響としては、まず日常生活をしていると、疲労がたまります。

 
からだが疲労すると、体内で疲労物質が発生します。疲労物質は肝臓や脾臓などの内臓で分解するので、肝臓や脾臓が沢山働きます。そうすると、内臓疲労が起きます。

 

 

内臓に疲労が起きると、疲労している内臓により多くの血流を流そうと身体が歪みます。この時に姿勢も一緒に悪くなります。

 

 

分かりやすい例えだと、疲れた時って姿勢が前に丸まりませんか?それがゆがみからくる悪い姿勢です。

 
身体がゆがむと、血液や脳脊髄液などの体液の通り道がねじれてしまうので、循環が悪くなります。水道にホースが繋がっていて、そのホースがねじれて水が流れにくいイメージです。

 

 

人間の身体は60%以上が水分だと言われています。この水分の流れが悪くことによって、痛みの物質や老廃物などの体外への排出が悪くなります。

 
血流が悪くなると、筋肉が硬くなります。その影響でさらにゆがみがひどくなり、腰に負担がかかり腰痛や腰のコリなどの症状につながります。

 

 

しかし、ゆがみが悪いわけではありません

 

 

ゆがみは生きて行く為に必要な反応です。からだがゆがめなかったら、腰痛とかそんなレベルの不調ではおさまらなくなります。

 
なぜ、ゆがみが起きるのでしょうか?原因は疲労です。ゆがみが起きて血流が悪くなるのは事実ですが、そもそもゆがみを自分で回復できれば問題ないのです。

 

 

腰痛などの不調がない人は、寝ることによってからだのゆがみを自分で改善できています。だから腰痛がある人にとっての問題は、寝てもゆがみを自分で治せなくなった環境です。

 

 

なので、ゆがみを整体で改善してもらっても、すぐ腰痛が戻ってしまって永遠に同じ繰り返しになります。

 

 

腰痛が繰り返し起こらないために、日常生活の改善が必要になってくるのです。

 

 

日常生活の改善は何をすればいいの?

 

日常生活の改善をするときに、特に重要になってくるのが、「食事・睡眠・運動」です。

 

 

「食事・睡眠・運動」をどのように改善したらよいかは、症状別のブログを参考にしていただけるといいかもしれません。

 

 

今回は、食事の中でも水分に注目して説明したいと思います。

 

 

人間のからだは60%〜70%が水分と言われています。

 

 

1日にどのくらい飲む必要があるのかといいますと、あくまで目安ですが、人間は1日に2.5ℓの水分を生活の中で失っています。なので、最低2,5ℓの水分を取る必要があります。

 

 

食事1食で大体500mlの水分を食べ物から摂取できます。その他に、体内で300mlの水分が生産されています。

 

 

なので1日に最低限とった方が良い水分は2,5ℓから食事回数×500ml+300mlを引いて、足りない分の水分を摂取したほうが良いことになります。

 

 

ちなみに、コーヒーやアルコールなどは利尿作用が強く働いてしまうので、水分としては計算しません。

 

 

水などの飲み物の他に、「素粒水」というからだに良い効果のある水もありますので、説明します。

 

 

 

素粒水とは?

Print

 

素粒水とは、素粒子レベルのエネルギーを発生する水ということで命名された登録商標名です。

 

 

素粒子とは、あらゆる物質(生命体、非生命体いずれも)は分解すると分子構造を持ち、分子構造は複数の原子(元素)により構成され、原子(元素)は素粒子により構成されています。このように物質を階層的に見た場合の最小単位が素粒子です。

 

 

素粒水は、「水の力=エネルギー」によって生物細胞の酸化を抑制することができる究極の還元力を持つ水と言われています。

 

 

また、素粒水は醗酵する水とも言われています。素粒水の振動エネルギーが触媒となって酵素の代役を担うためです。

 

 

さらに、素粒水は生体内で酵素(エンザイム)の役割を担って物質代謝を促進してくれます。

 

 

酵素は生命活動の主役であり源です。この働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。
体内酵素が不足すると、代謝がうまく行えず体内毒素が貯蓄されてしまいます。

 

 

環境ホルモンなどの悪影響で酵素の生産能力が低下したり、働きが阻害されると免疫力の低下や老化の原因となります。

 

 

からだの中を洗い流す感覚で素粒水を飲むことで、各種体内酵素の働きを充実させることにつながっていきます。

 

 

体内酵素が活発に働くと生体ホルモンの生成が促進され、更年期障害にみられるような自律機能、恒常性機能の歪みの改善にも有効的となるそうです。

 

 

今までの話だけでも素粒水のすごさが分かると思いますが、もっとすごいのが素粒水の品質は半永久的だそうです。

 

 

4年間常温保存されていた素粒水が、腐敗することなく飲料水に適合することが証明されたのです。

 

 

室内に素粒水を入れたペットボトルを置くと素粒子エネルギー空間を創りながら、災害時の非常用飲料水としても活用できるそうです。

 

 

からだにとって良い効果のある素粒水を飲むことで、腰痛の予防ができそうですね。

腰痛予防の素粒水ってすごい

 

 

 

今回のブログの内容をまとめると、下記のようになります。

  • 腰痛にならないためには予防が必要
  • 腰痛の予防として日常生活の改善が重要
  • 日常生活の改善ポイントは「食事・睡眠・運動」
  • 水分の摂取も重要
  • 素粒水を飲むとからだに良い効果が期待できる

 

素粒水などを活用し日常生活を改善して、腰痛の予防をしてみませんか。

 

水戸で腰痛でお困りの方へ

 

 

整体CURAは水戸で唯一の整体法でアプローチすることで、多くのお客様が根本改善を手に入れています。

 

水戸の整体で根本改善を手に入れたい方へ

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加