腰痛とタバコの関係性は?タバコがからだに及ぼす影響

こんばんは。

 

水戸で腰痛の改善で人気の整体CURAです。

 

みなさんはタバコを吸っていますか?

水戸の整体で腰痛の改善 タバコを吸っている

タバコは吸っている人にも吸っていない人にも害があることはよく知られているかと思います。

 

このタバコが原因で腰痛になってしまう可能性があります。

 

今回は、腰痛とタバコの関係性について説明したいと思います。

 

 

 

 

タバコがからだに及ぼす影響とは?

水戸の整体で腰痛の改善 タバコが及ぼす影響とは?

タバコがからだにとって悪い影響を及ぼすということはご存知かと思います。

 

悪い影響と言っても具体的にはよく分からない方もいるかと思いますので説明します。

 

タバコがからだに及ぼす影響は、下記のようになります。

 

  1. 寿命が短くなる
  2. 美容面に問題が起こる
  3. 様々な病気の原因になる
  4. タバコを吸っている人以外に影響が出てくる

 

 

タバコの煙には200種類以上の有害物質が含まれており、ニコチンやタール、一酸化炭素などがよく知られているかと思います。

 

また、50種類以上の発がん性物質も含まれています。

 

ニコチンには強い依存性があり、ヘロインやコカインよりも依存性が強いと言われています。

水戸の整体で腰痛の改善 ニコチンはヘロインやコカインよりも依存性が強い

よくイライラした時にタバコを吸うと、イライラがおさまるなどということを聞くと思いますが、これはからだの中のニコチンが切れてしまったことによるイライラなので、タバコを吸ってニコチンがからだに中に入るとイライラがおさまるということになります。

 

この症状になっている場合、ニコチン依存症の可能性がありますので注意が必要です。

 

 

 

寿命が短くなる

タバコを吸うか吸わないかで、寿命が10年変わってくると言われています。

 

今現在タバコを吸っていたとしても、禁煙をすることで寿命が伸びます。

 

できるだけ若いうちに禁煙ができると良いですが、高齢になってからでも遅くはありません。

 

もう歳だからと諦める前に、一度禁煙をしてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

美容面に問題が起こる

タバコを吸い続けていると、肌のハリが失われ顔のシワが深く刻まれたような状態になってしまいます。

水戸の整体で腰痛の改善 タバコによってシワができやすい

この状態を、スモーカーズフェイスと言います。

 

実年齢よりも老けて見えてしまいます。

 

肌のハリやシワの他にも、唇が乾燥したり、白髪、歯や歯茎の変色、口臭など様々なことが起こってきます。

 

なぜタバコを吸うと老け顔になってしまうのでしょうか?

 

ニコチンの影響で血管が収縮するため、血液の循環が悪くなってしまいます。

 

また、ニコチンによりビタミンCが破壊されるため、ビタミンCが不足してしまいます。

水戸の整体で腰痛の改善 ビタミンCが破壊される

ビタミンCが欠乏すると、シミができやすくなったりコラーゲンがうまく作られなくなってしまうので、肌のハリが失われてしまいます。

 

タバコは健康だけではなく美容にも影響が出てきますので、注意してください。

 

 

 

 

様々な病気の原因になる

タバコの煙には50種類以上の発がん性物質が含まれています。

 

そのため、癌になりやすくなってしまいます。

 

癌だけではなく脳卒中や心筋梗塞、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など様々な病気になりやすくなります。

 

女性の場合ですと、妊娠や出産にまで影響してしまいます。

水戸の整体で腰痛の改善 妊娠や出産に影響する

健康なからだでいるためには、健康の妨げになる原因を1つずつ消していくことも必要です。

 

 

 

 

タバコを吸っている人以外に影響が出る

タバコを吸っている人にはもちろん影響がありますが、タバコを吸っていない人にも影響が出てしまいます。

 

タバコの煙には主流煙副流煙があります。

 

主流煙は吸っている人に直接入ってくる煙ですが、副流煙はタバコの先から出ている煙なので周りの人にも害が及んでしまいます。

水戸の整体で腰痛の改善 喫煙者だけではなく非喫煙者にも影響がある

しかも、副流煙の方が害があります。

 

副流煙は主流煙に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素が4.7倍も含まれていると言われています。

 

タバコを吸っていない人の方が、からだに害を及ぼしやすいのはおかしいですよね。

 

タバコを吸っている人は、周りに迷惑がかからないようにしなければいけません。

 

 

 

 

腰痛とタバコの関係性とは?

水戸の整体で腰痛の改善 腰痛とタバコの関係性とは?

腰痛とタバコには何か関係があるのでしょうか?

 

タバコを吸っている人と吸っていない人を比べてみると、椎間板の老化のしやすさが違ってきます。

 

タバコを吸っていることにより椎間板が老化してしまう原因は、ニコチンによる血液などの循環不良です。

 

椎間板は背骨の骨と骨の間にあるクッションの役割をしています。

 

椎間板自体に血管はないのですが、周りの毛細血管から栄養を届けてもらっています。

 

しかし、タバコを吸うことにより循環不良になってしまうので毛細血管が収縮してしまうので、栄養が行き渡らなくなり椎間板が老化してしまいます。

 

 

 

また、タバコによりビタミンCが不足するのでコラーゲンがうまく作られなくなってしまいます。

 

椎間板はコラーゲンでできているので、ビタミンC不足は椎間板の老化に影響してしまいます。

 

椎間板が老化してしまうと、クッション性が失われてしまうので組織が飛び出してしまうと神経を圧迫して痛みや痺れなどの症状が起こってしまいます。

 

椎間板が老化してしまうと、椎間板ヘルニアや腰椎分離症、脊柱管狭窄症などを引き起こしてしまう可能性があります。

 

これが腰痛に繋がってしまうのです。

 

タバコを吸っていることにより、からだには様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

 

禁煙を考えている人は、自分に合った禁煙方法を探してみたり、病院の禁煙外来に通うなどしてみると良いかもしれません。

水戸の整体で腰痛の改善 禁煙をする

喫煙者からすると禁煙は相当大変なことかもしれません。

 

しかし、喫煙は自分だけではなく周りの人にも影響していることです。

 

禁煙することで自分も健康になりますし、周りもタバコの影響を受けないのでタバコによる不健康にならなくて済みます。

 

ぜひ禁煙してみてください。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は腰痛とタバコの関係性について説明しました。

 

タバコは吸っている人だけではなく、周りの人の健康にも影響してきます。

 

健康に良くないと分かっていても、なかなかやめることができない人もいるかと思います。

 

そういう人のために禁煙外来などがあると思うので、少しでも辞めたい気持ちがある方は1度行ってみることをオススメします。

 

それにより、腰痛やその他の病気にもなりにくくなりますので。

 

水戸で腰痛でお困りの方へ

 

 

整体CURAは水戸で唯一の整体法でアプローチすることにより、多くのお客様が根本改善を手に入れています。

 

水戸の整体で根本改善を手に入れたい方へ

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加