朝から腰痛でお困りの方へ。〇〇を改善する必要があります。

こんばんは。

 

水戸で腰痛の改善で人気の整体CURAです。

 

みなさんは腰痛があることで、日常生活に支障が出たりしていませんか?

 

また、1日の中で朝が一番腰が痛いとお悩みではありませんか?

 

朝が一番腰が痛い場合、もしかすると睡眠に問題がある可能性があります。

 

寝ている時に私たちのからだは回復しています。

 

しかし、睡眠時や睡眠前に何かしらの問題があることで、睡眠の質が低下してしまい、からだが十分に回復することができなくなってしまいます。

 

朝は腰などに痛みがなく、すっきりと起きられるのが正常です。

 

正常な状態ではなくなってしまうことで、少しずつ腰痛が起こりやすい環境になってしまいます。

 

そうならないようにするために、睡眠の問題を改善していく必要があります。

 

今回は睡眠時の問題と改善について説明します。

 

 

 

睡眠時の問題とは?

水戸の整体 朝から腰痛でお困りの方の睡眠時の問題とは?

 

 

睡眠時の問題としては、下記のようなことが考えられます。

 

  1. 食事の時間と量
  2. 寝具の問題
  3. ストレス
  4. 音や光などの外的刺激
  5. 深酒

 

 

これらの他にも睡眠時の問題はありますが、ちょっとしたことから睡眠に影響が出てしまうのです。

 

 

睡眠の効果とは?

水戸の整体 睡眠の効果とは?

 

 

まずは、睡眠の効果について説明します。

 

睡眠の効果としては、下記のようになります。

 

  1. 脳とからだの修復
  2. 記憶の整理と定着化

 

 

 

睡眠状態に入ると、成長ホルモンなどの様々なホルモンが分泌され、からだの損傷部位を修復していきます。

 

からだの細胞は、ある一定のサイクルで入れ替わっています。

 

また、負荷が増えると細胞が傷つき機能低下を起こしてしまいます。

 

睡眠中に最も効率よく機能低下を起こした細胞を生まれ変わらせているのです。

 

成長ホルモンや様々なホルモンによって、からだの成長や老化防止にも働いています。

 

成長と老化は細胞の入れ替え作業と言われています。

 

 

 

脳は毎日数ギガの情報を処理していると言われています。

 

その情報の中から、必要な情報を自動的に取り出しながら生活しています。

 

この情報が散乱してしまうと、正しい判断ができず生活に支障が出てしまいます

 

疲れてくると、判断が鈍くなったり考えることができなくなってきたりするのは、この機能が低下している可能性があります。

 

毎日の大量の情報は、睡眠中に整理されていると言われています。

 

脳を休ませているのと同時に、必要な情報と不必要な情報を振り分けている作業も行なっています。

 

そして、必要な情報を定着させています。

 

ストレスなどの精神的な問題も脳の情報となってきます。

 

ストレスは美容や健康にも影響しますので、ストレスを溜め込まないことも重要です。

 

睡眠をとることでストレスになっている情報も整理されるため、からだへの負担も減ってきます。

 

 

 

 

 

睡眠の質を上げる方法とは?

水戸の整体 睡眠の質を上げる方法とは?

 

 

 

睡眠の効果的な取り方としては、4つのポイントがあります。

 

 

  1. 寝る3時間前には食事を済ませる
  2. ぬるめのお風呂に入る
  3. 軽めの運動
  4. 光の調節

 

 

寝る3時間前には食事を済ませる

 

食べ物を消化するのには、多くのエネルギーが使われていると言われています。

 

食べた後にすぐ寝てしまうと、血液が胃腸に優先的に流れてしまうので、からだを回復させることが厳しくなってしまいます。

 

寝る3時間前には食事を済ませられるようにできると良いです。

 

また、20時までに食事を済ませておくとさらに良いです。

 

 

 

 

ぬるめのお風呂に入る

 

適度な温度での入浴は、自律神経を安定させる効果があります。

 

また、からだを温めることは血液の循環を良くする効果もあるため、からだが回復しやすくなります。

 

熱い温度では交感神経が優位になり、自律神経のバランスが不安定になってしまうため注意が必要です。

 

 

 

 

軽めの運動

 

寝る前にストレッチ等の軽めの運動することで、血流を全身に流すことができます。

睡眠時に循環が良い状態にすることで、睡眠の質が上がります。

 

 

 

 

光の調節

 

光はメラトニンというホルモンに影響します。

 

メラトニンは体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があります。

 

メラトニンが効率よく分泌される明るさは、月明かり程度の明るさと言われています。

 

寝る前にテレビを見たり携帯を使用すると、睡眠の妨げにつながってきますので、寝る1時間前には使用しないように心がけてみましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

今回は、睡眠時の問題と改善について説明しました。

 

朝から腰が痛いのは睡眠時にからだが回復できていない可能性が高いです。

 

これらを改善することで、睡眠の質が上がるのでからだが回復しやすくなります。

 

寝ている時の回復力が高まることで、腰痛で困りにくくなってきます。

 

睡眠はとても重要なことです。

 

ぜひ改善してみてください。

 

水戸で腰痛でお困りの方へ

 

整体CURAは水戸で唯一の整体法でアプローチすることで、多くのお客様が根本改善を手に入れています。

 

水戸の整体で根本改善を手に入れたい方へ

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加