腰痛はコルセットで治るのか?

こんにちは。水戸で腰痛改善が人気の整体CURAです。

今日は腰痛で来院される患者様と話していると多い

「コルセット」

についてのお話です

結論から言います…

コルセットで腰痛は治りません!!!!

いやいや、病院とか接骨院にひどい腰痛で行くと大体コルセット買うように言われますよ!そんな風に思ったあなた!ぜひ記事を読み進めてください。認識のズレが分かると思います。

そもそもコルセットの役割とは?

コルセットの役割とは?

コルセットの役割をご存知ですか?

・腰痛を軽くする。

・腰痛を治す。

・腰のサポート

こんな答えの方が多いのではないでしょうか?うちに来る患者様も最初そんな風に言っている事が多いです。ここではっきり言います。

 

それは認識の間違いです!

 

コルセットは腰痛を軽くしたり、治したり、サポートするものではありません。

 

コルセットの役割は

 

「腰を固定するものです」

 

もう一度言います。コルセットは

 

「腰を固定するものです」

 

固定とは、サポートではなく動かないように固めること。筋肉や関節が動かなくするものです。

腰を固定したら腰痛が治るんですか?

「治ります」というあなた。どうぞコルセットでずっと腰を固定してください。治ると思うならそれで良いと思います。

少しでも「それで治るの?」と疑問を持たれたあなたどうぞこのまま読み進めてください。

そんなこと言ってもコルセットを使った方がいいこともあります。

腰痛でコルセットは使っても良い

私は別にコルセットを全否定している訳ではありません。腰痛は治らないけど使った方が良い時もあると思っています。

 

どんな時に使うのか?

 

 

「腰が痛くて動くのも辛いけど動かなければいけない時」

 

こんな時ありますよね?仕事をしていたり、家事をしていたり、生きている限りこんな事が誰にでもあると思います。そんな時はどうぞ悩まずコルセットを思う存分使ってください。腰が固定されるので少しはマシに動けます。そして動き終わったらぜひコルセットをすぐ外してください。

着けっぱなしはダメ!絶対!

なぜダメなのか?分かりますか?ある不具合が起きます。

コルセットを着けっぱなしにする事で起こる不具合とは?

コルセットの着けっぱなしはダメ。

さっき2度ほどコルセットの役割を声を大にして伝えましたが、コルセットは「腰を固定」するものです。

・関節

・筋肉

を動かない状態にするのがコルセットだとお伝えしました。

って事はですよ!

コルセット着けっぱなしにするって事は腰の関節も筋肉も動かせない状態でずーーーーっといるって事ですよね?

って事はですよ!

コルセット着けっぱなしにするって事は腰の筋肉をずーーーーーっと使わないって事ですよね?

想像してください。何日も筋肉を使わない状態でいることを。どうなりますか?

 

想像つきました?まだですかね?ではもう少し時間をとります。

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?想像できましたか?

 

筋肉を使わないという事は筋力が落ちます。そして腰の筋肉も関節も動かないという事はさらに腰回りの状態が硬くなります。

 

こんな状態腰痛に良いと思いますか?

 

良いわけないですよね!!

 

だから動くのも辛いくらい腰痛がひどい状態で動かなくてはいけない時は心置き無くコルセットを使い、動き終わったら痛くてもコルセット外しましょうね!

だって腰痛治したいですよね?

治したくない人は全然こんな話聞かなくて良いですからね。

 

じゃあなんで腰痛の時治りもしないコルセットが使われるのか?

適当にコルセットを渡す専門家

 

こんな話になりますよね?うちの患者様も良くそう言ってました。別に言われるがままにコルセットを使っていたあなたには何の非もありません。だって腰痛がコルセットで良くなるって専門家に言われて信じてコルセットを着ける約束を守ってたんですもんね。そんなこと言う専門家がまだいる事が問題だ!と私は思っています。

 

ではここでは腰痛にコルセットを使うような専門家の頭の中を解剖していきましょう。

 

 

腰痛のあなたにコルセットを使わせる専門家の頭の中

さあここからが、間違った腰痛とコルセットの常識が生まれる元凶の話になります。きっとあなたも今からお伝えする事が原因でコルセットに対して間違った常識を持ってしまった事でしょう。では行ってみましょう。

腰痛は、安静にしていれば2~3日でよくなるものっという考え

腰痛 コルセットで固定

腰痛は安静にしていれば良くなるものなんて何年前の話をしているのでしょうか?安静にしていれば治るから固定しましょうね!っ的な。

 

そんな事は絶対ありません。腰痛が起きてしまう原因を考えていかなければいくら安静にしてその場をしのいでもまた再発するでしょう。

 

根本原因から腰痛を改善したいあなたにはおすすめ出来ません。

 

着けっぱなしにしない方が良いことくらい分かってんだろ?

腰痛にコルセットを使う専門家

これはないかというと、コルセットを渡す時に

「着けっぱなしにしないでくださいね」

とか注意もせずに渡している専門家の頭の中です。

 

正直、体の専門家の中ではコルセットは着けっぱなしにしないってのは常識です。でも、渡された患者様は体の専門家ではないじゃないですか?

 

そんな専門家じゃない人に対して何の説明もなしに「これ着けてね」ってコルセット渡したら着けっぱなしになる可能性がある訳ですよ。そんな事も気にかける事も出来ない傲慢な専門家もいるみたいですよ。悲しくなりますね。

 

施術で腰痛緩和しなかったからとりあえずコルセット着けさせよう

腰痛の施術に失敗

はい。これはどうしようもないクズです。まじこんな事考えてる奴がいる事に腹がたちます。でもこれ実話です。患者様に聞いた時愕然としました。

 

腰痛がひどいからある接骨院に行ってみたら施術で全然痛みが和らがなくて、「全然痛みが引いてないです」っと言ったら、あろうことかその先生が「そんな痛いならこれ着けとけば」とだけ言ってコルセットを買わされた。

 

自分の知識、技術力不足を棚に上げてコルセットでごまかす。しかも不安に思っている患者様にも何の配慮もなし。こんな先生がいるなんて終わってんなって。

 

人のこと悪く言いたくはないがこれはナシです。皆さんも騙されないでくださいね。

 

どうでしたか?

悲しいけどこんな事もあるんです。相談する専門家選びには気をつけましょうね。これが腰痛の時はコルセットという間違った常識を皆様が持ってしまった原因です。では正しいコルセットの使い方をお伝えします。

正しいコルセットの使用方法

ではコルセットを使うときはどんな風に使うのか?をお伝えしますね。簡単なのでぜひ実践してください。

重いものを持つ時に使う

腰痛でコルセットを使う時

腰痛が辛い時重いものを持ったりするの厳しいですよね。そんな時は重いものを持たないのが一番ですが仕事や家事でどうしても持たなければいけない時ありますよね。そんな時にはコルセットを使ってください。

動き回らなければいけない時

腰痛でコルセットを使う時その2

これも腰痛がひどいとき辛いですよね。どうしても動き回る必要がある時はコルセットをつけましょう。つけないで負荷をかけるとさらに腰痛が悪化してしまいます。

コルセットは腰と骨盤に巻く。

コルセットの巻き方

コルセットを腰から上に巻いている患者様をちょいちょい見かけますが、腰の筋肉の多くが骨盤についています。なのでコルセットを使用する時は骨盤も一緒に固定しましょう。

すぐ外す

コルセットはすぐ外す

そして絶対に着けっ放しにせず、こまめに外すようにしましょう。筋肉が弱ったり、腰がさらに硬くなったりすると腰痛がどんどん悪化するようになってしまいます。

まとめ

・コルセットで腰痛は治らない。

・腰を固定して動かなくするのがコルセット。

・重いものを持ったり、動かなくてはいけない時だけコルセットをつけましょう。

・着けっぱなしにすると腰痛悪化の原因になります。

・腰痛は信頼できる専門家に相談しましょう。

整体CURAは水戸で腰痛改善の実績が多い整体院です。

腰痛について詳しい情報はこちらをクリック!

 

整体CURAが信頼できる専門家か自分の目で調べる。

整体CURAの詳しい情報はこちらをクリック!

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加