産後 骨盤矯正について

妊婦さんにとって、出産は一つの大きなゴールですよね。

妊娠中からのリラキシンという女性ホルモンの影響や出産により、産後の女性の骨盤はもっともゆるんだ状態になります。

また、骨盤周囲の筋肉にも負担がかかり、産後は骨盤がゆがみやすい状態です。

骨盤がゆがんだ状態が続くと、腰痛や恥骨痛などさまざまな身体の症状を引きおこす可能性があります。

出産は子育てのスタートで、「出産後の生活の方が大変だった」という先輩ママも。中でも、出産時に開いた骨盤が原因で、体重は戻ったのに体型が戻らなかった、腰痛や肩こりがひどくなった、などの悩みは多いようです。

当店に来院されるお客様にも

  • 妊娠中から腰痛がひどくなって辛い…
  • 出産しても体重が元に戻らない…
  • 体型が戻らなくてオシャレが出来ない…
  • 妊娠中からの腰痛、肩こりが治らなくて、子育てが辛い…
  • 出産してから尿もれがあって恥ずかしい思いをしている…

こんなことで悩んでいる方が非常に多いです。

今回はそんな方のお役に立てるような内容をお伝えします。

そもそも産後の骨盤矯正は必要なの?

産後 骨盤矯正 必要?

当店に来られたお客様と話していると、

  • 産後の骨盤矯正が必要なことを知らなかった…
  • 産後、どのくらいから骨盤矯正をすれば良いか知らない…

こんな声を良く耳にします。

まず産後の骨盤矯正は必要です。妊娠中で負担がかかった体を良くしたり、出産で緩んだ骨盤を元に戻したりした方が、断然子育ても楽になるし、妊娠前の綺麗なプロポーションに戻りやすくなります。

 

もしあなたが、

  • 妊娠前のプロポーションにしっかり戻りたい!
  • 妊娠中から始まった腰痛、肩こりを楽にして子育てを楽しみたい!

そんな風に思うならこのページを読み進めてください。

 

産後の骨盤矯正はいつから、いつまで受ければ良いの?

産後 骨盤矯正 いつ受ければ良い?

産後の骨盤矯正を受けると、戻りやすい時期を知らない方が非常に多いです。当店に来られたお客様の中には

・産後半年

・産後1年

・産後2年以上

経ってから来られる方も少なくありません。

「産後から骨盤がゆがんで戻って無い気がする、だから産後の骨盤矯正お願いします。」

 

こんな感じです。でも上記したような期間が経ってしまっていると、産後の骨盤矯正というよりは、普通の骨盤矯正です。産後のベストな時期に調整するより、回数がかかります。

 

ではベストな時期はいつなのか?

産後1ヶ月~6ヶ月が骨盤矯正のポイントです!

産後 骨盤矯正 1ヶ月後からがポイント

出産直後から産後1ヶ月頃までは、子宮が急激に収縮し内臓も元の位置に戻る変化が大きい時期です。

出産直後から骨盤矯正をして締めることを意識しすぎると、悪露(産後約1ヶ月間子宮から排出される血液など)の正常な排出を妨げるなど母体の回復を遅らせる可能性があります。

また産後6ヶ月を過ぎると骨盤周辺の靭帯や関節も固くなってきます。そうすると骨盤が正しく戻るのに時間がかかる事が増えます。そういったことから、産後の骨盤矯正は

産後 1ヶ月~6ヶ月

を当店ではオススメしています。

この時期に適切な骨盤矯正を行うことで、身体が妊娠前の状態に戻りやすくなります。

 

そしてここで、お客様から聞かれる事が多いもう一つの事につてい次にお伝えします。

私、帝王切開だから産後の骨盤矯正必要ないよね?

産後 骨盤矯正 帝王切開

自然分娩ではなく、帝王切開で出産した場合、産道を胎児が通っていないから、骨盤は緩まないでしょ?ってことでこういった考えになる方も多いようなのですが、このページの最初の方でお伝えした通り、妊娠中リラキシンという女性ホルモンの影響で女性の骨盤はゆるんだ状態になります。

ということは、妊娠していたら骨盤は緩み始めるので、帝王切開でも産後の骨盤矯正は受けた方が良いと思います。

そして帝王切開をした方は、水戸で当店でしか考えていないであろう背術ポイントが現れます。

それは、「手術痕」

 

私たちが勉強を続けた結果、傷口や手術痕は身体の歪みの原因になる事が非常に多い事が分かっています。

 

帝王切開の手術痕も例外ではありません。手術痕のゆがみを調整することで、骨盤ばかりか、全身のゆがみが整いやすくなります。

 

帝王切開をした方には産後の骨盤矯正と手術痕の調整、両方をオススメします。

 

ここまで読んでいただき、産後の骨盤矯正の必要性、受ける時期はお分かり頂けたでしょうか?

次に当店が行う産後 骨盤矯正をお伝えします。

整体CURAが行う産後 骨盤矯正

骨盤のゆがみを改善するには全てのバランスを整える事が大事です。

骨盤のゆがみを整えます。

骨盤矯正と背骨の矯正

骨盤は家でいうところの基礎にあたります。背骨は家でいうところの柱にあたります。なので最初に骨盤と背骨の歪みを調整します。

しかし、骨盤と背骨の歪みを改善するには骨盤と背骨だけでは歪みが改善しません。歪みを改善するのに大事な、頚椎(首の骨)、アキレス腱、手首の歪みも一緒に整えます。当院の矯正は力を使わないソフトで痛みの伴わない方法です。お子様からご高齢の方まで受けて頂いております。

全身の血流を良くします。

骨盤のゆがみを改善するため全身の血流を良くします。

骨盤のゆがみを整えても筋肉が硬かったり、血流が悪いとすぐに骨盤のゆがみが戻ってしまいます。血流を上げるためには強いマッサージなどは効果的ではないため、筋膜にアプローチしながら筋肉を柔らかくしたり、血流を良くする施術を行います。

内臓の調整をします。

骨盤のゆがみを改善するために内臓の調整をします。

骨盤のゆがみを改善するには内臓の調整も必須です。内臓と聞くと何か重い病気かなって思うかもしれませんがそうではなく、内臓の疲労を回復するアプローチです。内臓が疲労すると内臓に血流を集めるために体がゆがみます。その時に骨盤もゆがんでしまうので、内臓の調整をします。

まとめ

産後の骨盤矯正についてのポイントをまとめます。

・妊娠中リラキシンの作用で骨盤が緩む。

・産後1ヶ月~6ヶ月が骨盤矯正のポイント。

・帝王切開でも産後の骨盤矯正は必要。

・帝王切開の場合手術痕から歪みが起こることも。

・産後の骨盤矯正でも全身の調整が最適。

 

 

骨盤矯正をもっと詳しく見たい方はこちら

整体CURAが信用出来るか見たい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加