股関節の痛みを治療する前に大切なこと

変形性股関節症の手術

もう少し、様子を見て見ましょう・・・

 

病院に行ったら変形性股関節症ですねと言われたり、
今はまだそこまで悪くないので、様子を見ましょうと言われた経験がある方もいると思います。

 

このお医者さんが良く使う、
様子を見ましょうという言葉・・・

 

裏を返せば、もう少し悪くなるまで待ちましょうという意味って知ってました?

 

こんにちは、
整体CURAの東です。

 

今回のテーマは、股関節の痛みを治療する前に大切なことです。

 

単刀直入にお伝えするとそれはズバリ!
まず、考え方を変えることです。

 

これは、マインドセットなどとも言われます。

 

今回のマインドセットをしっかりと理解して身につけてもらえれば怖いものはなくなります。

 

では、行きましょう!

 

股関節の痛みを治療するためのマインドセット

股関節の痛みの原因とは?

股関節の痛みに限らず、腰痛やひざ痛など
まずは痛みが出たら整形外科などの病院に行かれる方が多いと思います。

 

そこでは、レントゲンを撮ったり血液検査をしたり
もっと細かく検査をすればCTをとったりMRIをとったりするかもしれません。

 

それらを総合的に判断して、
完全に病気だった場合は手術などの対応をして治療を開始すると思います。

 

それは、お医者さんの領域なので僕たちが手を出せるものではありません。

 

本当に病院の治療や手術が必要な人もいますのでそこを否定しているわけではありません。

 

ただ、しっかりと検査をしても明らかな原因が見つからないことが多々あります。

 

そして、
そのような場合冒頭のもう少し様子を見て見ましょう。

 

と、言われることがとても多いと思います。

 

そして、半年後・1年後に手術になってしまうことは多いでしょう。

 

なぜ、そんなことが言えるのか?

 

それは、今までの過ごし方が全く変わっていないからです。

 

そうです、股関節の痛みに限らず
ほぼ全ての痛みや病気の本当の原因はあなたの日常生活の中にあるのです。

 

今までの生活習慣がそのままで、
様子を見て時間を過ごせば間違いなく症状は悪化します。

 

今回は、その現状をストップして自分で股関節の痛みを治療するために必要な考え方(マインドセット)をお伝えします。

 

痛みは体からの大切な〇〇

体からのサイン

私は股関節痛なんてないから関係ないやという方も、
痛みの治療は基本的に同じですから知っておいて損はないですよ。

 

1つあなたに知っておいてほしいことがあります。
痛みは悪いものではないということです。

 

痛みは体からのサインです

 

体の中で何かしらの異常があれば、
それは痛みとしてあなたに教えてくれます。

 

その体からのサインをうるさいからと言って、
薬や注射で消してもまた別のサイン(痛み)を出します。

 

その別のサインを消そうとしても、
また別のサインと終わりがありません。

 

しかも、消せば消すほどそのサインは大きくなってきます。
つまり、小さな痛みを薬などで消していくと痛みはどんどん強くなっていくんです。

 

そのサインを根本から出なくするにはどうすればいいのでしょうか?

 

それは、あなたが健康になるしかありません。

 

健康になれば、体に異常がないということですのでサインが出る必要がなくなります。

 

僕たちのアプローチは基本的には、
どうすれば患者さんが健康になるか?
という視点でアプローチします。

 

痛みだけを取り除こうというアプローチではありません。

 

痛みがなく、なんの不調もない状態って健康ではありませんか?

 

その健康になるためのアプローチを行なっていけば結果的に痛みや不調も取れてくるよねという考え方です。

 

「そんなの知ってるよ」
「なんだ、そんなことか」

 

と、思われる方もいるでしょう。

 

ただ、本当に理解できている人は本当にごく少数です。

 

理解しているということは、どういうことかご存知ですか?

【理解=行動がともなっている】

という状態です。

 

そんなこと知ってる、知ってる
という方でもじゃあ本当に実践できてますか?

 

と、聞くとできてない方がほとんどだと思います。

 

実際に、僕もよく知ってる知ってると言って行動が伴っていないことがよくあります(苦笑)

 

この
【理解=行動がともなっている】

 

という考え方は、僕がすごくインパクトを受けた考え方です。

 

それまでは、聞いたことある、知ってると思ってはいても行動がまったくともなっていませんでした。

 

行動が変わらないと現状は何も変わりません。

 

ぜひ、あなたもこの考え方を知ってしまったので行動を変えて現状をいい方向に変えてもらえれば嬉しいです。

 

まとめ

さて、今回は股関節を自分で治療する前に大切なことをお伝えしてきました。

 

人間は考え方が変わることで行動がともなってくると言われています。

 

いや、行動して初めて考えが変わるんだよという方もいますが
結果的に考え方が変わらないと行動を継続することができません。

 

ぜひ、今回の考え方を参考にあなたも行動を変えてみてくださいね。

 

次回はいよいよ、具体的な方法についてお伝えして行きますので次回のブログもお楽しみに!

 

それでは、チャ〜オ!

 

 

変形性股関節症や股関節痛を詳しく知りたい方は
こちらをクリック

 

痛みやしびれを根本的に改善したい方は
こちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加