野球肘

水戸で野球肘を根本改善するなら整体CURA

水戸で野球肘を根本改善するなら整体CURA

なぜ野球肘の痛みが根本改善できるのか?

野球肘を整体で根本改善出来る理由とは?

あなたはこんなお悩みありませんか?

  • 野球をしてて肘が痛くなった…
  • 肘が痛くて野球ができない...
  • 野球の時だけじゃなく日常生活でも肘が痛い…
  • 肘の痛みが夜ひどくなって眠れない…
  • 何をしてても肘が痛くなった一生このままなのかな…

そもそも野球肘とは?

そもそも野球肘って何でしょうか?

野球肘とは、字の通りで野球をやっている人に多く起こる肘の痛みのことです。

 

特に成長期に野球の投球動作を繰り返し行うことで起こりやすいと言われています。

 

正式名称は、起こる部位によって違いますが別名では、
リトルリーガー肘リトルリーガーエルボーベースボール肘ベースボールエルボーとも呼ばれています。

 

主な症状は、ボールを投げる時に肘に激痛が走ったり、投球動作ができなくなったり、日常生活でも肘が痛くなったり、肘が曲げれない、伸ばせないという状態になることもあります。

 

一球の投球で、肘を痛めて起こるようなものではなく長期間の投球動作の繰り返し、悪いフォームでの投球で肘を酷使することによって起こります。

 

一言で野球肘を説明するなら、野球をやって起こる肘の痛みは全て野球肘とも言えます。

 

この野球肘は大きく分けると2種類に分類されます。
「内側型」と「外側型」です。

 

内側型:
多くの選手がこの内側型の野球肘から痛みを訴えることがあります。

痛みが出る部位は、肘の内側にある骨の内側上顆付近が最も多いと言われています。
なぜ、内側上顆付近に痛みが出るかというと一番の要因は「内側側副靱帯」がくっついているところだからです。

 

この内側側副靱帯は、肘の関節の内側が開いてしまわないように働いていますが、投球動作はこの内側側副靱帯に負担をかける動作になります。

 

投球動作の繰り返しで、この内側側副靱帯が炎症を起こして痛みを感じるのが内側型野球肘の初期症状です。

 

外側型:
この外側型の痛みの原因は、上腕骨小頭離断性骨軟骨炎という放っておくと、どんどん肘の軟骨がやられてしまう、非常にやっかいなものが考えられます。

 

この外側型は初期には痛みを感じることが少なく、痛みを感じてしまう時にはかなり状態が進んでいることもあります。

 

この野球肘が原因で野球生命が終わってしまうこともありますので、肘に負荷をかけていると感じている方は定期的なチェックが必要です。

 

では、野球肘はどうして起こってしまうのでしょうか?
具体的に野球肘の原因についてお伝えしていきましょう。

 

野球肘になってしまう原因

野球肘になってしまう原因

野球肘の主な原因は、長期間悪いフォームで投球動作を繰り返すことで起こります。

 

突発的にいきなり症状が起こるというよりも、徐々に使いすぎや疲労の蓄積によって起こることがほとんどです。

 

特に、カーブなどの変化球で肘をひねる動作を繰り返し行う投手は肘への負担が大きくなり野球肘になりやすいという特徴があります。

 

やはり一番の要因は投球フォームに無理がありそのフォームで長期間投げ続けていることが考えられます。

 

フォームの欠点は人それぞれでありますが、多くの場合、投球のリリースの際に上体が開いている(正面を向いてしまっている)ことにより、肘が体から遠くを通り、肘にかかる負担を大きくしていることにより起こると言われています。

 

では、実際に野球肘になってしまった時はどうしたら良いのでしょう?
一般的に行われている野球肘の対象法についてお伝えしていきます。

 

野球肘の時に一般的に行われる対処

1、RICE処置

インピンジメント症候群で行われる対処法1

野球肘の時の応急処置で、適切なのが捻挫の時に一般的に行われる「RICE処置」と言われるものがあります。

このRICE処置とは、つぎの4つの処置の頭文字をとったものです。

  1.  R:rest(安静)
  2.  I :ice(冷却)
  3.  C:compression(圧迫)
  4.  E:elevation(挙上・高挙)

1)安静:
痛む部位を動かさないように安静にして炎症を抑えることを目的に行います。

 

2)冷却・アイシング:
患部を中心に、氷のうや冷感湿布などで冷やして炎症を抑え痛みを抑えるのを目的に行います。
1回に冷やす時間は15〜20分を目安に行います。

どのくらいの期間冷やすかの目安は受傷後48時間以内です。
それ以降は、冷やすと今度は治りが悪くなりますので温める方に切り替えます。

 

3)圧迫:
テーピングや弾性包帯で患部を軽く圧迫固定して、血流を止めて腫れや内出血を防ぎます。

 

4)挙上・高挙:
患部を心臓より高い位置に置き、内出血や腫れを防ぎます。

 

このRICE処置はあくまでも応急処置になりますので、その後のケアが重要になります。

2、薬物療法

野球肘で行われる対処法2

整形外科などでは、野球肘の時に起こっている炎症を抑えるために抗炎症剤、痛みを緩和させたり麻痺させるための鎮痛剤、直接患部に湿布を貼るなど症状に合わせて薬を処方されます。

 

炎症が起きて痛みが出て、痛みを抑えて、また炎症を起こして、痛みを抑えてということを繰り返し行うとどんどん症状がひどくなるというケースも少なくありません。

 

外用薬などで痛みが引かない場合は、関節内にステロイドなどの注射を行って炎症を抑えることも一般的に行われています。

 

ただこれも、痛みに対しての対処療法と呼ばれるものですのですので根本原因の改善にはなりにくいです。

 

 

3、物理療法

ランナー膝(腸頸靱帯炎)で行われる対処法3

その他に野球肘の時によく行われる痛み緩和を目的として超音波や低周波、マイクロ波や赤外線のようないわゆる電気や温熱と言われる物理療法が行われます。

 

10分ほど、いわゆる電気や温熱を行って抗炎症作用や鎮痛作用などを目的として行われることが多いです。

 

その後、痛みが出ている肘や肩を軽くマッサージして痛みが強い時などはキネシオテープを貼ったり患部を固定して終わりという整骨院は数多くあります。

 

これらもあくまでも対処療法のためなかなか根本改善にまでいたることは少ないようです。

 

 

だけど、色々なことをしたけど全然良くなってない・・・

当店に来られるお客様から良くこんな事を聞きます。
なぜ一般的に野球肘の痛みが改善すると言われる事を色々試しているのに全然良くならない人がいるのか?

 

当店では色々考えて、数多くの事を試して来ました。そしてなぜ一般的に野球肘の痛みに良いと言われる対処法でもダメだったのか分かりました。

 

一般的な対処では良くならなかった理由それは…
本当の根本原因までたどり着いていない対処をしているからです。

 

根本原因にアプローチするとほとんどの方が今までよくならなかったのに改善していきます。
そして当店がたどり着いた答えは…

 

 

当店が考える野球肘の根本原因とは・・・

インピンジメント症候群の発生メカニズム

それはズバリ…「疲労」です。

 

野球肘の痛みの原因がなぜ疲労なの?
疲労が原因だったら安静にしたり投球動作を一時的に休めばよくなるんじゃないの?
と思われる方も多いのではないでしょうか?
でもこれで今までどこに行っても良くならなかった方の多くが、当店で根本改善を手に入れていますよ。

 

人間は生きていく中で疲労をためながら生活していますその疲労こそが体の不調の原因だったのです。メカニズムは以下の通りです。

 

①疲労がたまる

人間は疲労しても通常寝れば疲労が回復します。でも疲労が強くなり疲労物質が増えすぎると回復できなくなっていきます。

 

②内臓疲労

疲労物質が増えれば増えるほどそれを分解する肝臓や脾臓などの内臓の負担が増え内臓疲労が起こります。

 

③ゆがみ・姿勢が悪くなる

内臓疲労が強くなると内臓に多く血流を集めようとして体がゆがみます。またこの時前傾姿勢になり姿勢も悪くなっていきます。

 

④血流が悪くなる

ゆがんだり、姿勢が悪くなった状態が長期間続いてしまうと全身の血流が悪くなります。

 

⑤筋肉が硬くなる

血流が悪くなった筋肉は硬くなっていきます。
筋肉が硬くなることで痛みが出てきます。

 

⑥強い症状発症

筋肉が硬くなりさらに血流が悪くなりさらに筋肉が硬くなるという事を繰り返します。

ここまで筋肉の硬さが長期間続いてしまうと、ちょっとした運動でも痛みを感じてしまいます。

 

これが一般的な対処では野球肘の痛みが改善しなかった原因だという答えに当店は辿りつきました。だからこそ結果が出るようになりました。

 

 

整体CURAが行う野球肘に対する施術

野球肘の根本改善には全てのバランスが大事です。

整体CURAでは野球肘の痛みに対して根本改善には
筋肉骨格内臓全てのバランスを整える事が重要だという考えで整体をしています。

このページでも紹介した通り整体CURAでは野球肘の根本原因は疲労だと考えています。

なので寝れば疲労が改善して、痛みが引いたあとも
自分の体が治せる状態根本改善と位置付けています。

その寝れば治るように自然治癒力を高めるには筋肉・骨格・内臓のバランスを整える必要があります。

本来、人間の体は
「自分で自分を治す力」を持ています。
例えば切り傷。切り傷がずっと治らない人って病気じゃない限りいませんよね。
そんな感じで、野球肘も本来は自分の体が治せるのが普通です。その状態になって頂く事こそ本当の改善だと考えています。

骨盤・背骨の歪みを改善します。

野球肘の治療1

骨盤は家でいうところの基礎にあたります。背骨は家でいうところの柱にあたります。なので最初に骨盤と背骨の歪みを調整します。

 

しかし、骨盤と背骨の歪みを改善するには骨盤と背骨だけでは歪みが改善しません。歪みを改善するのに大事な、頚椎(首の骨)、アキレス腱、手首の歪みも一緒に整えます。野球肘の痛みを改善するにもまず基礎を整えることが大事です。

全身の筋肉を柔らかくして循環を改善します。

野球肘の治療2

全身の歪みを最初に改善した状態で筋肉を柔くしていきます。

 

歪みが改善していると血液の通り道がまっすぐになりやすい状態なのでこの状態で筋肉を柔らかくすると血流が良くなります。

 

血流が良くなることにより全身の筋肉がさらに柔らかくなります。痛みやしびれの改善にも全身の筋肉が柔らかくなる事が大事です。

 

とくに野球肘の場合、肘周辺の筋肉はもちろんですが肩や背中、腰にかけての広い範囲で筋肉が固くなって痛みが出ていることがほとんどです。しっかり、全身の筋肉を柔らかくしていきます。

内臓の調整

野球肘の治療3

内臓の調整を行います。内臓の調整といっても大きな病気とかではなく、内臓の疲労によって起きている位置異常を改善して内臓の機能を改善します。例を挙げると、お酒を飲んで肝臓が疲労します。そうすると数ミリ肝臓の位置が下がったりします。

 

位置が正しくないと内臓は正しく働きません。そうすると自然治癒力が下がります。これを内臓の調整を行い改善していきます。内臓の位置異常が原因で起こる肘の痛みも多いです。

 

 

整体CURAからのお約束

今までお客様と話していて非常に残念に感じてしまうような対応をされている方が多い事に同業者としてショックを受けています。当院ではあなたに安心して来院して頂きたいと考えています。当院では3つの事を約束をさせて頂きます。

次回予約を強要しません。

水戸で人気の水戸のCURA次回予約を強要しません。

お客様と話していると効果に納得出来ていないのに、次の予約を入れる様に強く言われた経験があるという方が意外に多い事に驚きます。整体CURAではあなたの症状が改善するための施術計画をご提案させて頂きます。効果に納得されて、症状の根本改善を一緒にしていきたいと思って頂いたら継続的施術を一緒に頑張りましょう。次回予約を強要する事は致しません。ご安心してご来院ください。

痛い施術は行いません。

水戸で人気の整体CURAでは痛みの伴う施術を行いません。

整体CURAでは最短期間で症状が改善する事を最重要に考えて施術を行っています。症状を改善するには、最小限の刺激で体の状態を改善させる事が必要不可欠です。よくあるバキバキするような整体や痛みを我慢しながら受けなくてはいけないマッサージなどは症状の改善に逆効果になることが多いです。なので整体CURAでは痛みを伴うような刺激の強い施術は行いません。

100%返金保証

整体で効果を感じなかったら返金します。

整体CURAではお客様を第一に考えます。当院に来ていただいて効果が出ないという事はない自信があります。万が一初回の整体を受けて効果を実感して頂けなかったら施術料金はいただきません。自信があるから出来る保証です。水戸では他にやっているところはほぼありません。

水戸で野球肘の痛み改善が人気の院長メッセージ

ここまで読み進めて頂いて、誠にありがとうございました。
このページを読んで頂いて、「なぜ野球肘の痛みが改善しなかったのか?」が少しお分かり頂けたかと思います。

 

「焦るけどよくならないし…」
「好きな野球を諦めるしかないか…」
「なんで自分だけこんな目に…」
「何をしてももうこの痛みは治らないよね…」

 

と、もしあなたが諦めそうになっていたらまず整体CURAにご連絡ください。

 

野球肘で悩んでる方の笑顔を取り戻すお手伝いをしたいと心から思っています。

当院があなたにとって、
「こんな所探していた」と思って頂ける整体院であると確信しています。

野球肘の痛みを改善して、「スポーツ」「遊び」を元気に思いっきり楽しめるように健康を手に入れませんか?
みなさんが笑顔で生活している姿が私たちの一番の励みです。
私たちが責任を持って、野球肘根本改善へとサポートいたします。

水戸で野球肘の痛み改善が人気の院長サイン

水戸の整体 人気のCURAお試しパック スタッフ

水戸の整体ネット予約

水戸の整体 CURAのライン予約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加