坐骨神経痛の予防で行うストレッチ、どこをストレッチすればいいの?

こんにちは。

 

 

水戸で坐骨神経痛の改善で人気の整体CURAです。

 

 

気温が下がってきて寒い日が続くようになり、また年末に向けて仕事が忙しくなって、からだが疲れやすくなっていたりしていませんか?

水戸の整体 疲れがたまる

 

からだが疲れやすくなってくると、腰痛や坐骨神経痛などの症状が起こりやすくなってきます。

 

 

外は寒いので運動をする頻度が減ってきたりもするかと思いますが、室内でストレッチ等の運動をするだけでもからだが良い状態になり、坐骨神経痛の予防にもなりますよ。

水戸の整体 坐骨神経痛予防のストレッチ

 

今日は、坐骨神経痛の予防で行うストレッチは、どこの筋肉を伸ばせば良いのかを3回に分けてご説明したいと思います。

 

 

 

坐骨神経痛について

 

坐骨神経痛は、病名ではなく症状です。

水戸の整体 坐骨神経は病名ではなく症状です

 

なので、予防することもできますし、改善もします。

 

 

坐骨神経痛は、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が、様々な原因によって圧迫や刺激されるため痛みや痺れなどの症状が起こります。

 

 

坐骨神経は、第4、第5腰神経と1~3仙骨神経から始まり、お尻にある梨状筋という筋肉の下を通って、太ももの裏を通り、膝の裏で総脛骨神経と腓骨神経に分かれます。

 

 

まれに、梨状筋の中を坐骨神経が通っている方もいるそうです。

 

 

坐骨神経の通っている周りの筋肉をストレッチしてほぐしていくことが、坐骨神経痛の予防に繋がってきます。

 

 

 

坐骨神経の周りにはどのような筋肉があるか?

水戸の整体 坐骨神経の周りにはどんな筋肉があるの?

坐骨神経の周りにはどのような筋肉があるのかを説明したいと思います。

 

 

今日は、お尻周りの筋肉について説明します。

 

 

お尻周りの筋肉には、下記のような筋肉などがあります。

  1. 小臀筋
  2. 大臀筋
  3. 中臀筋
  4. 深層外旋六筋

 

 

小臀筋

小臀筋は臀部の深部にある筋肉です。

 

 
運動動作においては、股関節の内旋(足の指先を内側に倒すような動作)、外転(足を横に開く動作)といった動きに関与します。

 

 
また直立のとき、骨盤を支える作用を持ちます。

水戸の整体 骨盤を支える

 

 

大臀筋

大臀筋は、臀部を形成する筋肉のうち最も表層部にある筋肉です。単一筋としては人体の中で最大の面積を誇ります。

 

 
大殿筋は、股関節伸展(太ももを上げる動作)の主力筋として働きますが、その他にも股関節外旋(足の指先を外側に倒すような動作)や外転動作(足を横に開く動作)にも関与します。

 

 

 

中臀筋

中臀筋は、一部が大臀筋に覆われている筋肉です。

 

 
運動動作においては、股関節の外転(足を横に開く動作)、内旋(足の指先を内側に倒すような動作)といった動きに関与し、股関節の外転では主力筋として大きな役割を果たします。

 

 
中殿筋は直立のとき、骨盤を支える筋肉で、この筋肉に障害や機能不全が起こるとトレンデンブルグ徴候が発症します。

 

 

トレンデレンブルグ徴候とは、中臀筋に障害や機能不全が起こると、問題がある方の足で片脚立ちをした時に、問題がない方の骨盤が下がってしまう現象です。

 

 

深層外転六筋

深層外転六筋とは、臀部の深層部に大小6つの筋肉があり、それぞれが股関節の外旋(足の指先を外側に倒すような動作)動作に関与することから深層外旋六筋と呼ばれています。

 

 
深層外旋六筋には下双子筋、上双子筋、内閉鎖筋、外閉鎖筋、大腿方形筋、梨状筋などがあります。

 

 

・梨状筋

梨状筋は臀部の深層部にある筋肉で文字通りで梨状の形をした筋肉です。

 

 
運動動作においては、主に股関節を外旋(足の指先を外側に倒すような動作)させる作用を持っています。

 

 
梨状筋によって坐骨神経が刺激を受けることがあり、これによって坐骨神経痛が出ることがあります。これを梨状筋症候群と言います。

 

 

 

・上双子筋

上双子筋は、股関節の外旋(足の指先を外側に倒すような動作)に関わる筋のひとつで梨状筋と内閉鎖筋の間にある筋肉です。

 

 
上双子筋は、主に股関節を外旋(足の指先を外側に倒すような動作)させる作用を持っていますがその働きはあまり強くはありません。

 

 

 

・下双子筋

下双子筋は上双子筋と対をなす股関節の外旋筋です。

 

 
内閉鎖筋のすぐ下を走行し、内閉鎖筋の働きを補助する役割を果たしています。

 

 
下双子筋は、主に股関節を外旋(足の指先を外側に倒すような動作)させる作用を持っていますが、外旋動作への貢献度としてはそれほど大きくはありません。

 

 

 

・内閉鎖筋

内閉鎖筋は上双子筋と下双子筋の間を走行している筋肉です。

 

 
内閉鎖筋は、股関節の外旋(足の指先を外側に倒すような動作)に大きく影響を与える筋肉です。深層外旋六筋の中では、とても力強い筋肉です。

 

 

 

・外閉鎖筋

外閉鎖筋は、股関節の外旋筋の中で最も深部にある筋肉です。

 

 
運動動作においては、主に股関節の外旋(足の指先を外側に倒すような動作)に関与しており、外閉鎖筋は股関節の外旋に大きく影響を与えることから大臀筋と共に深層外旋六筋と呼ばれることもあります。

 

 
また、わずかですが股関節内転(足を閉じる動作)の動作にも関与します。

 

 

 

・大腿方形筋

大腿方形筋は、内閉鎖筋と共に股関節の外旋(足の指先を外側に倒すような動作)に最も影響を与える筋肉です。

 

 
形状が四角い扁平な形をしていることから大腿方形筋と呼ばれています。

 

 

 

 

 

お尻周りの筋肉は、股関節の内・外旋(足の指先を内側・外側に倒すような動作)や内・外転(足を横に開いたり閉じたりする動作)、伸展(太ももを上げる動作)などの動作に関与しています。

 

 

股関節の動きを確認してみた時に、動きが悪くなっていたり、硬くなっていた時にはお尻周りのストレッチをしてみると、少しずつ改善してくると思いますよ。

 

 

特に、梨状筋が硬くなっていると梨状筋症候群による坐骨神経痛が起こってしまうので注意が必要です。

 

 

長時間座っていたり、長時間立っていたりなど、日常生活をしていると負担がかかってしまいます。

水戸の整体 長時間座っていると負担がかかる

 

睡眠時に回復できていれば特に問題はないと思いますが、回復しきれていないと蓄積により腰痛や坐骨神経痛などの症状が起こってしまいます。

 

 

そうならないために、日常生活の中で使用して固くなっていたり張っている筋肉を、ストレッチ等でほぐしてあげると予防にも繋がってきます。

 

 

 

まとめ

 

今回は、お尻周りの筋肉について説明しました。

 

 

日頃ストレッチをしている方でも、お尻周りの筋肉のストレッチはしていないというお話も聞きますので、ぜひお尻周りの筋肉のストレッチもやってみてください。

 

 

その結果が、腰痛や坐骨神経痛などの症状の予防にも繋がってきます。

 

 

1日5分でもいいので、少しずつ行動してみてはいかがでしょうか。

 

水戸で坐骨神経痛でお困りの方へ

 

 

整体CURAは水戸で唯一の整体法でアプローチすることにより、多くのお客様が根本改善を手に入れています。

 

水戸の整体で根本改善を手に入れたい方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加