頚肩腕症候群とはどのような病気なの?

こんばんは。

 

水戸で肩こりの改善で人気の整体CURAです。

 

みなさんは、頚肩腕症候群をご存知ですか?

 

頚肩腕症候群とは、いわゆる肩こりなどの症状のことをいいます。

 

今回は、頚肩腕症候群について説明します。

 

 

 

 

頚肩腕症候群とは?

 

頚肩腕症候群とは、首から肩、腕にかけての痛みやこり、しびれ、といった不快な症状を引き起こす病気を総称したものをいいます。

 

肩こりや腕にかけての痛みがあり病院で検査を受けて、胸郭出口症候群などの病名が確定すると、頚肩腕症候群ではなくなります。

 

もととなる病気がわかった段階で、病名が変わるのです。

 

頚肩腕症候群は、いわゆる肩こりのように、特に原因となる病気がはっきりしない場合をいいます。

 

 

 

 

頚肩腕症候群の原因とは?

 

頸肩腕症候群の原因は、症状を引き起こす要因となる別の病気によって異なります。

 

頸肩腕症候群はそれ自体が1つの病名として扱われることもありますが、正確には主に別の疾患により発生しています

 

直接の原因は、首や肩周辺の筋肉疲労、頸椎周辺の疾患、内臓疾患、また外傷によるものや事務作業など長時間同じ姿勢を取るなどが考えられます。

 

または、原因不明の場合もあります。

 

 

 

 

頚肩腕症候群の症状とは?

 

頚肩腕症候群の症状は、首、肩、腕、背中にかけてこりや痛みが起こります。

 

また、しびれや運動障害、感覚障害なども起こることがあります。

 

精神的に関係してくる症状としては頭痛やめまい、耳鳴り、情緒不安定、抑うつ状態、睡眠障害なども起こる場合があります。

 

さらに、倦怠感、脱力感、冷え、微熱、動悸、胃腸障害、月経不順などを訴える方もいます。

 

これらの症状は、花粉症や眼精疲労、気圧の変化などによって起こるケースもあります。

 

症状は、軽症で済むこともありますし、激しい痛みが起こってしまう場合もあります。

 

 

 

 

頚肩腕症候群の治療法とは?

 

頚肩腕症候群の一般的な治療法としては、下記のようになります。

 

  1. 温熱療法
  2. 薬物療法
  3. ブロック注射

 

温熱療法

ホットパックや電気治療などで温めることを行います。

 

温めることで血液の循環が良くなり、疲労物質が排出されやすくなることで、筋肉を柔らかくします。

 

 

 

薬物療法

消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などを服用します。

 

消炎鎮痛薬には痛みを抑える効果があり、筋弛緩薬には筋肉の緊張をほぐす効果と軽い鎮静作用があります。

 

精神的なストレスなどの要因が強い場合は、鎮静作用の強い薬が処方されることもあります。

 

 

 

ブロック注射

こりや痛みがひどい場合には、ブロック注射を使用する場合もあります。

 

注射後は症状が一時的に和らぐのでよいかもしれませんが、効果が長続きしません

 

 

 

上記にあげた治療法は、あくまでも一時的に症状を緩和させるだけになってしまうので、改善にはつながりません。

 

改善するためには、肩こりや痛みなどの症状の原因に対して、適切にアプローチをする必要があります。

 

 

 

 

頚肩腕症候群の予防法とは?

 

頚肩腕症候群の予防法は、下記のようになります。

 

  1. 長時間同じ姿勢を続けない
  2. からだを冷やさないようにする
  3. こまめに運動をする
  4. ストレスを溜め込まない
  5. 寝具に注意する

 

 

長時間同じ姿勢を続けない

デスクワークなどでは、前かがみの姿勢をとり続けたり、パソコン操作で背中を丸めて斜め上を見続けたりしがちになってしまいますが、このような姿勢では頭の重みが首や肩などの一部に集中してかかってしまいます

 

同じ姿勢を続けることで、からだへの負担が大きくなりバランスが崩れてしまうため、肩こりや痛みなどの症状が起こってしまいます。

 

こまめに休憩をしたり、姿勢を変えたりするように心がけましょう。

 

 

 

 

からだを冷やさないようにする

からだを冷やしてしまうと、血液などの循環が悪くなってしまうので、肩こりや痛みなどの症状が起こりやすくなってしまいます。

 

特に、今の時期は注意が必要です。

 

冷たい飲み物やからだを冷やすような食べ物の摂りすぎには注意しましょう。

 

からだを冷やさないために、お風呂に入浴することは効果的です。

 

あまり熱すぎない温度(40℃前後)でゆっくりと浸かるようにしてみましょう。

 

 

 

 

こまめに運動をする

こまめに運動することで、筋肉を動かすので血液の循環が良くなります。

 

循環が良くなると、筋肉が硬くなりにくくなりますので効果的です。

 

運動後には必ずストレッチを行いましょう。

 

運動後のストレッチを怠ってしまうと、せっかく運動をして循環の良い状態にしても、からだを動かしたことによって筋肉が硬くなったものをそのままにしてしまうので、また循環が悪くなるという悪循環になってしまいます。

 

 

 

 

ストレスを溜め込まない

ストレスはからだにとって悪い影響を与えてしまう可能性が高いです。

 

ストレスによりからだの緊張状態が強くなり、肩こりや痛みなどの症状が起こってしまうこともあります。

 

自分に合ったストレス発散法を見つけてみましょう。

 

一番はストレスが溜まりにくい環境にすることが良いです。

 

ストレスが溜まりにくい環境にするためには、食事・睡眠・運動の改善が必要になってきます。

 

下記のブログを参考に、ストレスが溜まりにくい環境にしましょう。

 

整体と○○の改善で根本改善を手に入れることができます

 

 

 

 

寝具に注意する

寝具はとても重要です。

 

寝具が合わない場合、睡眠の質の低下につながってしまうので、自分に合う寝具を使用するようにしましょう。

 

特に枕は重要です。

 

枕は高さや材質など、個人個人でこだわりがあるかもしれませんが、特に重要なポイントは頚椎に負担がかからない枕です。

 

寝ているときに頚椎に負担がかかってしまうと、睡眠の質が低下してしまいます。

 

どのような枕を使用すればいいのか分からない方は、整体CURAにご連絡ください。

 

整体CURAは、頚椎に負担のかからないからだに合う枕を知っていますので。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、頚肩腕症候群について説明しました。

 

頚肩腕症候群にならないためには、日常生活の改善をすることが1番効果的です。

 

癖や動作などの改善も必要ですが、まずは食事・睡眠・運動の見直しをすることが大切です。

 

これらを改善することで、肩こりだけではなく腰痛や頭痛などの症状の予防にもなってきます。

 

頚肩腕症候群などにならないように、日常生活の見直しをしてみましょう。

 

それが、健康なからだになる一番の近道になりますので。

 

水戸で肩こりでお困りの方へ

 

整体CURAは水戸で唯一の整体法でアプローチすることで、多くのお客様が根本改善を手に入れています。

 

水戸の整体で根本改善を手に入れたい方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加