産後の骨盤ベルトは効果あり??

 

こんにちは!

 

整体CURAの松尾です。

 

 

 

産後の骨盤については

多くの方が気にされていると思います。

 

 

 

体形や体重が戻らない。

腰痛や頭痛が続いている。

 

など、産後は不調や悩みが

出てくることが多いですからね。

 

 

では、産後の方のほとんどが購入する

産後の骨盤矯正ベルトは、

効果はどうなんでしょうか?

 

 

妊娠中で購入を検討している人や

買ったけど使っていない

という方の参考になるように

しっかり書いていきますね!

 

 

産後の骨盤ベルトは効果あるの?

 

以前にもご紹介しましたが、

産後の骨盤がどういう状況なのか

というのをご説明します。

 

 

妊娠中からリラキシンというホルモンがでて

骨盤の関節(骨と骨のつなぎ目)が

軟らかい状態になります。

 

そうすることにより、

産道を広げやすくして

赤ちゃんが通りやすくします。

 

 

骨盤が柔らかい状態は、

産後から2年の間続くといわれています。

 

特に柔らかいのは

産後から半年の間なので、

半年以内に産後骨盤矯正をするのが

一番良いとされています。

 

 

では、ベルトで効果はあるのでしょうか?

 

 

 

結論から言うと、

ベルトをきちんとした位置と強さで

装着すれば、多少は骨盤の広がりを

戻すことができます。

 

ただ、全体のバランスが崩れてたり

トレーニングによる筋力UPをしないので

戻りやすかったり、歪みを生みやすかったりします。

 

 

ですので、骨盤ベルトと並行して

トレーニングや私生活の見直しを行うことで

改善方向に向かうかもしれません。

 

100%戻るかは保証はできませんが。。。

 

 

 

 

これが骨盤ベルトに関して言えることです。

 

 

私が今まで診てきた産後の方の中に

きちんと骨盤ベルトを付けれる方は

正直いないに等しいです。

 

 

というよりもベルトで変わらなかったから

産後の骨盤矯正を受けに来ているわけですので

当然といえば当然ですね(笑)

 

 

 

では、産後に調整しやすい状態にするには

産前にどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

 

産前の注意点

 

産後の体の状態は、

産前の私生活でかなり変化します。

 

 

まずはしっかりと運動すること。

 

これはかなり重要な点になります。

 

お腹が大きくなるにつれて大変ですが、

しっかりと歩くことにより

筋力の低下を防ぎ

血液の流れをしっかりと保つことで

全身のバランスが整いやすいです。

 

 

また、水分や食生活は

お腹の赤ちゃんの状態にも影響するので

気を付けたほうが良いです。

 

添加物を避け、糖分をなるべく減らし、

自然に近いものを食べるように

してみてください。

 

 

 

この2つは産前から気を付けておくと

産後の状態がかなり変わりますし、

お腹の赤ちゃんにもいい影響を与えます。

 

ぜひ気を付けてみてください!

 

 

まとめ

今回は産後の骨盤ベルトについてと、

産前で気を付けたほうがいいことについて

ご紹介しました。

 

 

産後の骨盤ベルトは、

位置と強さがしっかりあっていれば

多少の効果がみられる。

 

トレーニングや生活の見直しで

少し効果を高めることができる。

 

産前から運動や食生活の見直しで

骨盤や体の状態、赤ちゃんの健康度などに

好影響を与えやすい。

 

 

というのが今回の内容です。

 

 

ぜひ参考にしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸の整体 整体CURA

〒310-0021水戸市南町3-3-43小林ビル4F-B