朝腰が痛い!その傾向と対策

ぎっくり腰

今日も素敵な1日が始まろうとしている・・・
そんな朝のスタート

 

「あいたたた〜。腰痛いな〜。よっこらしょ」
「今日も憂鬱な1日が始まったな〜」

 

朝から腰が痛い方の1日のスタートってこんな感じでしょうか?

 

こんにちは。
整体CURAの東です。

 

実は、私も過去かなりひどい腰痛持ちでしたので腰痛の方の気持ちが痛いほどわかります。
特に、朝起きてすぐに腰が痛いと朝からモチベーションが上がらずストレスが溜まって1日が何かすごく憂鬱になります。

 

今回は、朝腰が痛いときの傾向と対策についてお伝えしていきますね。

 

なぜ朝腰が痛いんだろう!?

腰痛 ストレッチ 筋肉が硬くなっている

早速ですがそもそも、なぜ朝に腰が痛くなってしまうと思いますか?





答えを言うと、寝ている時に筋肉の血液循環が悪くなってしまって筋肉が硬くなってしまうことが原因だと考えられます。

 

寝ている間は昼間ほど筋肉を動かすことがありませんよね。
起きている時は、歩いたり座ったり筋肉を動かすことで血管をポンプして全身の血液を循環しています。

 

寝ている時は心臓の拍動(ポンプ)だけで血液を全身に循環させます。
何も問題のない人は心臓のポンプだけで筋肉の隅々まで血液を送ることができるので筋肉がそれほど硬くなりません。

 

筋肉が硬くならないので朝起きても痛みが起きることは少ないです。

 

ただ、もともと筋肉が固かったり何らかの原因で血流が悪い人は寝ているときの循環が心臓のポンプ作用だけでは不十分です。

 

ですので、朝腰が痛くなってしまうのは寝ているときに循環が悪くなり、腰回りの筋肉が硬くなってしまうことが要因です。

 

腰回りの筋肉が硬い状態で頑張って体を動かそうとすると朝起きるときに「いたた〜」と痛みが出てきてしまうわけです。

 

では、この朝腰が痛いときにはどのような対策が有効なのかお伝えしていきますね。

 

朝腰が痛いときの対策

水戸の整体で腰痛の改善 寝ている時にからだの回復をしている

1:寝返りができるような〇〇対策

まず、朝目が覚めたときに痛みがあると言うことは寝ているときに寝返りをあまりしていないことが考えられます。

 

寝返りをすることで寝ている間でも筋肉を動かして血液が循環することをサポートすることができます。

 

寝返りをあまりしない人は寝ている間に筋肉を全く動かさない状態になっています。

 

ちょっと想像してみてほしいのですが・・・

 

背もたれのない椅子に座って微動だにしない状態を1時間やったとしたらどうなりそうですか?

 

これはどんなに健康な方でも腰が痛くなったり肩が凝ったり何かしら体のどこかがツラくなりそうじゃないですか?

 

睡眠時間が6時間の場合、寝ている状態だとしても6時間まったく動かない状態ではツラくなってしまうのは想像できます。

 

なので、まず睡眠時に寝返りをしっかりしているかどうかはとても重要になります。

 

もし、あなたが
「私とても寝相が良くて、夜寝た状態からまったく動いてない状態で目がさめるんだよね」

 

と思っているなら朝腰が痛い可能性は高くなります。

 

では、寝返りができるようになるにはどのような対策が必要なのかというとこれは寝具の問題が大きいと思います。

 

自分にあった枕やマットレス、掛け布団などあとはパジャマなども肌触りの良い寝心地が良いやつだと寝返りの回数に違いがあると言われています。

 

まずは、自分が使っている寝具を気持ちの良いものに変えてみるのは有効です。

 

2、意外と軽視しがちな食事法

次に、朝腰が痛い原因として大きいのが前の日の食事です。

 

食事と言っても食べるものはもちろんですが、食べる時間帯もとても関係してきます。

 

寝る前に、甘いものを食べる習慣がある人や夜食を食べる習慣のある人、晩御飯を食べてすぐに寝てしまう人は寝ている間に内臓にものが残っていてそちらの消化に血流が持って行かれます。

 

そして、寝ている間に筋肉に行く血流が少なくなってしまい筋肉が緊張してしまって朝腰が痛くなってしまいます。

 

それと特に、食べるもので気をつけてほしいのは「糖質」です。
糖質は、単純に血液の循環を悪くします。

 

よるのデザートを食べる習慣のある人は、朝腰が痛くなりやすいです。

 

それだけではなく、朝の目覚めがすごく悪かったり、朝起きると顔や手足がむくんでいたり様々な症状が出てくる可能性が高いです。

 

夜に糖質を摂らなくするだけで、腰痛がなくなったり朝の目覚めが良くなったり手足のむくみがなくなったりすることは十分にあります。

 

食事と体の状態は直結しますのでこれも気をつけてみてください。

 

3、朝の準備体操も忘れずに!

朝腰が痛いときの最後の対策として、目が覚めてすぐに体を起こさないことです。

 

どういうことかと言うと、目が覚めたら布団の中で2〜3分でいいので手や足をブラブラ〜と動かしたりして血液の循環を良くしてほしいいのです。

 

ただ、これだけで筋肉に血液が巡って痛みが緩和されます。

 

今回お伝えしたことは、どれもとても単純なことですがやるのとやらないのでは大違いです。

ぜひ実践していただいて、1日を気持ちよくスタートできるようにしてみてくださいね。

 

まとめ

今回は、朝腰が痛いときの傾向と対策についてお伝えしました。

 

朝腰が痛いときの状態は、朝起きてすぐに筋肉が硬い状態で動かすことが一番問題です。

 

夜寝返りをうったり、前の日の食事を気をつけたり、朝布団で2〜3分体を動かしたりすることで解消できることもありますので参考にしてみてくださいね。

 

腰痛についてもう少し詳しく知りたい方は
こちらをクリック

 

痛みや不調を根本から改善したい場合は
こちらをクリック

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加